2002年へ                        2004年へ

農 園 収 穫 祭 ( 2 0 0 3 年 )
Update:13.Oct.2003

 10月12日(日)、例年どおり、農園の収穫祭を実施した。新聞社の取材もあり、この奉仕事業もこれで1999年の最初の収穫祭から数えて5回目となりました。朝方まで降っていた雨も止み、やや蒸し暑いものの、まずまずの天気でした。
 招待者は、これも例年どおり「山梨車いす生活者の会」(ステップアップ)と福祉作業所「たんぽぽの家」の皆さん。総勢約30名。会員は午前8時30分集合で、イベント会場の草刈り等の整備をして、シートをひいたり、テーブルをセッティングしたり、我々が草取りをして育てたサツマイモの蔓切りをしたり(身障者がイモを掘りやすくする為)、本日の焼き物に備え炭をおこしたりの準備を行いました。いつもお手伝いいただく輿石Lの奥様、農園のご近所の奥様方(同じ敷地内の家庭菜園で野菜を育てておられる方々)6名の女性陣が手際よく、豚汁作り、もろきゅう・漬け物の配膳を行い、松田幹事がイカとサンマの刺身を作り、招待者の到着を待ちました。招待者は11時着の予定でしたが、10時30分には少しづつ集まりはじめ、予定の時間にはクラブ会長名取Lの挨拶で収穫祭を開始。招待者たちのサツマイモ堀りのあと、焼きサンマ、イカ焼き、鯛とハマチの兜焼き、焼き肉、焼きそば等々で昼食と歓談を開始。午後1時半近くまで楽しみました。終了前に「松智庵農園」立て看の前での全員で恒例の記念撮影をし、本日堀ったサツマイモを土産に、「又、来年もお願いします」との声を聞きながら散会しました。農園の土も最初の頃よりだいぶ良くなった為か、収穫したサツマイモの天ぷらは殊のほか好評でした。今年は用意した食材が適量だったということか残飯も少なく、味はともかく(?)、経済的で環境に優しい(!)収穫祭が実施できました。
 本日の協力会員Lは21名で、9月半ばから週末にいくつもの奉仕活動が続きましたが、年間の大きなイベントは無事しみました。それぞれに御苦労様でした。特に、この「収穫祭」を取り仕切った岩沢農園長と長田社会奉仕環境保全委員長にはお疲れ様でした。

 

ご近所の奥様方と
着々と準備を!
メンバーによる
サツマイモ堀り
ねぎの収穫中
招待者による
サツマイモ堀り
今年もこんなに
採れました!
秋刀魚もおいしく
焼けてます
焼き物担当
望月L
歓談風景1 歓談風景2


2002年へ                        2004年へ